ホーム > 健康 > 女性ホルモンをコントロール

女性ホルモンをコントロール

婦人科等医療機関で処方される低用量ピルは経口避妊薬とも言われ、予定外の妊娠を回避することが本来的な目的です。もっとも現在ではその女性ホルモンをコントロールするという作用から、月経困難や生理痛などの月経に関するトラブルまた子宮内膜症などの治療薬としても使用されています。

 

その成分はエストロゲンとプロゲステロンとから成り、低用量とはエストロゲン含有量が35μg以下のものを指します。そして、避妊という点では卵巣を休眠状態にし排卵を止めることで妊娠を避けます。また月経トラブルや子宮内膜症に関しては子宮内膜で産生される発痛物質プロスタグランジンの産生を抑制し、痛みを感知する神経増殖因子NGFを減少させることで鎮痛効果などが図れます。

 

低用量ピルについてさらに詳しく知りたい方は
http://teverland.com/


関連記事

  1. 女性ホルモンをコントロール

    婦人科等医療機関で処方される低用量ピルは経口避妊薬とも言われ、予定外の妊娠を回避...

  2. テスト

    テスト記事です。...